川本ブドウ園

d0389166_23172209.jpg
熊谷江南の「おにっこハウス」さんから「江南総合公園」、循環器病院と通って、深谷市旧川本町に入り、農林公園へ向かう途中に、「ぶどう」の幟旗がパタパタと・・・

d0389166_23195941.jpg
以前から気になっていたブドウの直売所「川本ぶどう園」さんに立ち寄りました。自転車で走っていてお店の方々と目が合いました(笑)。この日は自転車100台以上は通り過ぎていったとのこと。

直売所の裏にはブドウのハウス。露地ものもあるそうです。マスカットや巨峰が中心みたいです。キウイもあるようで予約受け付けますの看板がありました。

この日は巨峰がずらっと並んでいました。訪問日は9月24日、「来週いっぱいくらいまでかな」とお店の方はおっしゃっていました。

私は直売所で買うのが好きです。いろいろなことを教えていただけて、いろいろ分かるし、何より生産者の方々の顔が見えるから、ひと味違います。


d0389166_23203807.jpg
巨峰3房、買っちゃいました。自転車なので積載能力的にこれが限界。こちらのぶどう園の巨峰は種有りにこだわってらっしゃるそうです。大粒で実が締まり、旨味が凝縮、甘味も酸味も申し分無し、そしてジューシー、これは美味しいです。

d0389166_23205201.jpg
深谷にも美味しいブドウがあるんですねー。

持ち帰りは無理、というサイクリストでも、こちらは巨峰の生搾りジュース300円がありますので、深谷のぶどうを味わうことができますよ。

[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-25 22:36 | 野菜・フルーツ | Comments(0)

リビスコ銀座店

d0389166_20524472.jpg
ぱんだです。この日は新しいPCを買いに銀座までやって来たにょ。何だか人でいっぱいいてビックリにゃ。外国の人が多いにょ。

d0389166_20541147.jpg
PC買う前に、軽井沢のテニスコート向かいの絶品作りたてジェラート「リビスコ」さんのお店が去年オープンしたので行ってみたにょ。

アップルストアさんや銀座松屋さんの近く、銀座3丁目にゃ〜。遅ればせながら訪問してきたにょ。

d0389166_20542869.jpg
場所はスモークサーモンのお店「王子サーモン」さんの2階にゃ。青い外壁が目印にゃ。王子サーモンさんに入ってすぐ右手に階段があってにゃ、そこを上っていくぞ。

銀座の街を見下ろしながら作りたてのジェラートがいただけるにょ。イートインスペースは20席以上あるにょ。ここは銀座歩きの休憩に最適かもにゃ。

この日のジェラートは8種類、季節限定の巨峰はすでに売り切れだったにょ。残念にゃ。社長さんはこちらにはいらっしゃらなかったにゃ。お会いしたかったにゃ〜。

ここはジェラート以外にもワインや王子サーモンさんのタパスなどもあるようにゃ。

d0389166_20544848.jpg
左は新発売の「くるみ」と銀座店限定「はちみつヨーグルト」のダブルにゃ。右は定番の「おぶせ牛乳」と「はちみつヨーグルト」のダブルにゃにょ。

「くるみ」は濃厚で香ばしいナッツの味がするにょ。滑らかさもあっておいしいぞ。

「はちみつヨーグルト」は酸味とはちみつの甘味がお口の中に広がってとっても美味にゃ〜。銀座店限定だそうなのでにゃ、銀座に来た時の楽しみができたにゃ〜。

「オブセ牛乳」はまさか銀座店でいただけるとは思ってもみなかったにょ。オブセ牛乳を使用したサッパリとしつつ、深く濃厚な旨味のミルクの味がするジェラートはぱんだのお気に入りにゃにょ。とってもおいしかったにゃ〜。

銀座でリビスコさんのジェラートがいただけるのはとってもうれしいけどにゃ、軽井沢でしかいただけないメニューも沢山あるにょ。銀座だけじゃなくってにゃ、軽井沢本店のリビスコさんに行きたくなっちゃったにゃ。ぱんだ、リビスコさん大好きにゃ〜。


[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-25 21:58 | おやつ(かき氷・アイス) | Comments(0)

d0389166_19311901.jpg
小石がバチバチ飛んで来て、写真が撮れないような風の中、ようやく山頂が姿を現しました。俄然、元気になってきました。7時58分。

d0389166_19313436.jpg
荒涼とした、日本にはなかなかない風景の中を歩きます。8時10分。

d0389166_19315081.jpg
見下ろすと御殿場市周辺がよく見えます。8時10分。

d0389166_19321156.jpg
大石茶屋さんから約2時間半、やっと建物が見えて来ました。8時10分。

d0389166_19322950.jpg
新6合目、6合目小屋に到着〜。でもここは閉館中で中には入れません。トイレもありません。この付近にトイレや休憩所があれば御殿場ルートも再評価されると思うんですけどねー。なかなか難しいようです。8時11分。

d0389166_19324851.jpg
前回は立っていた石標が倒れて砂に埋まっていました。

d0389166_19330919.jpg
「富士山 五合目の高さ二六三七(メートル)、頂上までの道のり六二二五(メートル)」。え、ここって元は5合目!?「県別マップル静岡県1/3万道路地図」によりますと・・・本当だ、「五合」って書いてある・・・

五合目を出発したはずなのに、さんざん登って気がつけばまだ五合目・・・ここにとどまっていたいのなら、全力で走り続けなければならないのだよ・・・不思議の国のアリスを思い出しました。

d0389166_19332943.jpg
とりあえず建物が風避けになるのでここで休憩です。

前回は忘れてしまいましたが、今回はちゃんと持って来ました、貧ちゃん。むにゅっと握っていないと風で飛ばされてしまいます。

d0389166_19335162.jpg
そしてここで補給食。鳩山町の自家製酵母パン屋「そのつ森」さんのチーズカレーパンをここでいただきます。登山中にこんな旨いパンを食べられるのは贅沢です。他にも有機チョコスコーンとカボチャとクリームのマフィンも。元気出ました。

ここで約10分、休憩しました。

d0389166_19342960.jpg
溶岩流の跡を見ながら頂上を目指します。8時35分。

d0389166_19345358.jpg
9時00分、やっと6合目に到着〜。標高は2,830m。

d0389166_19351528.jpg
眼下に登ってきた九十九折が見えます。標識には富士山頂まで3.7キロと記されています。距離的には約2/3歩いたことになります。平地でしたら約30分で歩ける距離ですが、空気が薄い富士山ではそうはいきません。ここからが本番です。

d0389166_19353264.jpg
6合目からは宝永山や下山道へ向かうこともできます。

d0389166_19360748.jpg
富士山頂とオンタデの紅葉。9時14分。

d0389166_19363526.jpg
金峰山の五丈岩に似た特徴的な岩群。9時21分。

d0389166_19365712.jpg
雲海がすごい。強風は相変わらずで、歯を食いしばりながらの登りですが、雨じゃないだけマシだと思って歩きます。9時24分。

d0389166_19371997.jpg
9時28分、標高3,000m地点に到着。呼吸が浅くならないように、時々深呼吸をして意識しながら登ります。

d0389166_19380462.jpg
頭上には斜面にへばりつくように建っている山小屋群が見えて来ました。9時28分。

d0389166_19383841.jpg
御殿場ルートで唯一にぎやかなのが7合目。4つの山小屋がありますが、9月も営業しているのは「わらじ館」さんのみ。9時32分。

d0389166_19390084.jpg
一つ目の山小屋、七合目「日の出館」さんです。ここ数年営業していません。

d0389166_19392141.jpg
9時34分、七合目に到着〜。石室が見事な山小屋です。

ここから営業中の「わらじ館」さんへは数分なのでここで休憩はせず、上へ向かいます。

どの写真も穏やかそうに見えますが、相変わらず台風並みの暴風です。

その3へ続きます・・・



[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-24 19:39 | のそのそと富士登山 | Comments(0)

d0389166_19210457.jpg
今年も御殿場ルートから富士登山してきました。登山日は9月9日。本当はもっと早い時期に登りたかったんですが、台風などで週末の天気が良くないことが多く、今回も登山シーズン終了間際になってしまいました。

この日も天気予報はあまり良くなく、自宅からここまではほとんど雨。5合目の駐車場も第2駐車場がほぼ8割ほど、第3駐車場は数台のみといった状態。

でも雲が切れて御来光もちょっと拝める状態に。天気、回復するといいなあ。でもすごい風だ。5時30分。

d0389166_19213328.jpg
お隣の茨城から来た方にお訊きすると、深夜は土砂降りだったそうで、止んだのも30分くらい前。諦めて帰った人も多かったそうな。

御殿場口には吉田口のような大きな建物や施設はありません。コンテナのブースと、24時間無料の水洗トイレ、そしてハーフマウンテンさんというお土産屋のみ。5時30分。


d0389166_19215383.jpg
今年もフジアザミがまだ咲いていました。5時30分。

d0389166_19221381.jpg
おおー、自転車関連のブースもある。サイクルラックも2基あります。ということはここまで自転車で上がってくる人が相当数いるってことですよね。実際、帰りには数人のサイクリストがいました。5時31分。

d0389166_19223699.jpg
鳥居が登山道入口です。ここにハーフマウンテンさんと、富士山保全協力金の受付ブースがあります。

d0389166_19225537.jpg
富士山保全協力金は1,000円で任意です。ここで払ってもいいし、コンビニなどで前払いもできます。もちろん払わないことも可能です。私はコンビニ前払いだったので、チケットを受付に出します。

ちなみにコンビニ前払いは超少数派で、ほとんどの支払者はここで千円を支払っていくとのこと。まあ、確かに天候次第で登れるかどうか分からないので前払いはリスキーなのかも知れません。

受付のおねえさんに「山頂はすごい風ですよ」と教えていただく。恐らくここであまり登山に適さない格好だったりすると、指導が入るのかも知れません。私には「お気を付けて」だけでした。

協力金を支払うと、登山ルートごとに毎年違うデザインの缶バッジと、富士山のブックマーク、ステッカーなどがもらえます。協力金に返礼品をつけることには賛否両論ありますが、私はこのくらいいいのでは、と思います。

d0389166_19233035.jpg
富士山御殿場口新5合目の案内。標高は1,440m。5合目といってもここは昔は2合目と言われていた場所。新2合はさらに上。実はどこを何合目にするかについては、特に決まりはないそうです。つまり、付けたもん勝ち(苦笑)。

登山計画書を投函する赤いポストがありますが、富士登山で計画書を出す人ってどのくらいいるのでしょう。ちなみに私は出したことがありません。本当は出した方がいいのかも知れませんが。恐らく近い将来、登山届も下山届もスマホアプリで出せるようになると思います(すでに他の山で実験が始まっています)。

d0389166_19235311.jpg
5時38分、鳥居を一礼してくぐって、いよいよスタートです。

標識には「10.5Km、410分」と記されています。ちなみに下山は距離も時間もこれよりかなり短くなります。

今回もソロ登山です。健脚向きといわれる御殿場ルートはなかなか賛同者がいません。周囲もほとんど1〜3人、ツアー客や団体はほとんどいません。

d0389166_19241904.jpg
振り返ると、雲の合間からの日の出が眩しい。そしてすでにここから猛烈な台風並みの南西の風。今からこの強風で大丈夫かなあ。5時41分。


d0389166_19461917.jpg
駐車場から10分弱歩くと、すぐに最初の山小屋「大石茶屋」さんに到着します。5時46分。

d0389166_19463690.jpg
なぜこんな近くに山小屋・・・実はここは昔、御殿場市営スキー場。元々レストハウス的な場所だったんだと思います。スキー場は雪崩が起こって閉鎖されました。5時46分。

d0389166_19465320.jpg
ここから眺める御来光は格別です。ただ風がもの凄い。金属の重い看板も大きく揺れています。5時47分。


d0389166_19471064.jpg
何となくピンクフロイドのジャケを思わせる風景。5時48分。

d0389166_19472959.jpg
大石茶屋さんを過ぎると、ここからが本格的なスタート。御殿場ルートは登山客が少ない上に、登山道と下山道が分かれている区間が多いので、マイペースで歩くことができます。

でも、たまに間違えて下山道を登っている人を見かけます。下山道は砂が深いので登るのは大変です。5時48分。

d0389166_19475471.jpg
風が宝永火山に当たってできた雲が、すごい勢いで流れていきます。天候が回復傾向なことだけが救い。

d0389166_19481775.jpg
イタドリの白い花が咲いています。

d0389166_19485737.jpg
ずっと厚い雲に覆われていた山頂付近が、ちょっと見え始めてきました。5時53分。

d0389166_19493044.jpg
下山道との交差付近。聞こえてくるのは風の音のみ。5時54分。

d0389166_19495030.jpg
「富士箱根伊豆国立公園」の標識。6時01分。

d0389166_19501552.jpg
ジグザグの九十九折を登って、次郎坊に到着。風が強過ぎて休憩できないので、そのまま通り過ぎます。6時35分。


d0389166_19510678.jpg
見下ろすと雲が切れて二ツ塚が姿を現しました。6時46分。

d0389166_19514287.jpg
雄大な景色、でも猛烈な風の中、まさに「耐える」登山。6時47分。


d0389166_19520136.jpg
6時52分、ようやく標高2,000m地点に到着。風は相変わらず。引き返す人も出てきました。

これでも体調不良の前回より5分早いペース。

その2へ続きます・・・



[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-23 19:52 | のそのそと富士登山 | Comments(0)

与作 11

d0389166_23351065.jpg
蕎麦屋をお始めになって約50年、もうすぐ85歳の店主さんが打つ「与作」さんで昼食。しばらく白内障の治療でお休みされていたこともありましたが、とてもお元気そうでした。

場所はときがわ町玉川、「湯郷玉川温泉」さんの近くです。

「与作」さんといえば、オープン当初から店内禁煙を貫いてきた蕎麦屋さんとしてリスペクトするべき存在です。今は禁煙のお店が増えましたが、昔は禁煙の蕎麦屋さんはこの地域では「与作」さんだけ。

それは蕎麦の香りと味を楽しんでもらいたい、タバコの煙はそれを台無しにする、という一心から。当初は変わり者扱いされたり喫煙者が怒って帰るなんてこともしばしばだったとのことですが、ようやく時代が追いついた感じです。

d0389166_23352500.jpg
現在のお品書きです。京風の棒ニシンがどーんとのった「にしんそば」と、大きな海老と自家製こんにゃくの天ぷらが名物の「天もりそば」が二枚看板。先客のご夫婦の奥様が海老の大きさに驚いていました。

もちろん、蕎麦によく合う日本酒もあります。自転車だと嗜めないのが残念。

d0389166_23354188.jpg
そしてサイドメニューとして自家製こんにゃくの「さしみこんにゃく」「田楽こんにゃく」。にしんは単品もあります。おみやげ用もあります。

d0389166_23365461.jpg
「さしみこんにゃく」。冷たくて歯切れの良い食感がなんとも心地良い逸品。青海苔入りで鼻を通る風味もいいですねー。コクのある味噌だれがよく合います。

d0389166_23371254.jpg
こちらは「にしんそば」。しかもこの地域では珍しい、冷たいにしんそばです。大振りのニシンがどどーんと。わさびもちゃんと注文を受けてからすってます。

d0389166_23372739.jpg
熟練の地粉蕎麦と、食べ応えある甘辛に煮た棒にしんが不思議と相性良く、与作さんでしか味わえない蕎麦になってます。やはり美味しいですねー、これは。大きな器ですが、ちゃんとそば湯も出てきますよ。

店主さんからのメッセージ「まだまだ頑張りますので、是非いらして下さい」とおっしゃっていました。私たちも今度は天もりをいただきに伺います。



[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-23 00:17 | うどん・そば・その他麺類 | Comments(4)

パン工房 シロクマ 90

d0389166_22503300.jpg
ポタしていたら小腹が空いたので、ちょっと遅めの時間にいつもの越生町のパン屋「シロクマ」さんへ。

お店の前の農業用水路の傍らにはヒガンバナが咲き始めていました。ちなみに写真は9月16日の様子。今はもっと咲いているでしょう。

d0389166_22511832.jpg
この日は埼玉中部では天気が良かったのですが、県南や都内は雨が降ったりしたそうで、行き交うサイクリストも少なめ。クローズ30分前でしたがまだパンがありました。

d0389166_22515133.jpg
稲刈りを終えた田んぼを眺めながら、テラス席でパンをいただきます。焼そばパン、中辛旨カレー、ピザパンなどなど。

d0389166_22520984.jpg
パンと一緒にプロテイン。さすがサイクリストの心を掴んでますねー。シロクマさんはドリンク類も豊富、美味しいパンと共にお腹も喉も潤せます。

9月24日は月曜ですが祝日のため営業されるとのことです。





[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-22 10:12 | パン・ピザ・パスタ (埼玉) | Comments(0)

茶の西田園 35

d0389166_21482446.jpg
富士登山の前のゲン担ぎに、熊谷妻沼の縁結び通りにあるお茶屋さん「茶の西田園」さんで、お茶の魅力を堪能できる雪くまをいただきました。

かき氷は富士山の形に似ているので、登山の前にはいつも食べてます。

d0389166_21484618.jpg
玄米茶あずきミルク。お茶屋さんらしい、渋い色合い。

d0389166_21490326.jpg
ぼりぼりの香ばしさと食感の妙がいいですね。氷はふわふわ。中には甘さ控えめのあずきが入ってます。

世間では抹茶スイーツがもてはやされますけど、柔らかい味わいの玄米茶の方が私は好きだなあ。

d0389166_21492403.jpg
ほうじ茶きなこミルク。香り高い自家焙煎ほうじ茶を使用。きなこミルクは別添え。


d0389166_21493930.jpg
ほうじ茶はかなり甘さ控えめ、程良い苦み、コクと香りがありつつ、スッキリした味わい。ほうじ茶の真髄が味わえる大人の味。

そして香ばしくて甘さたっぷりのきなこミルクをかけるとカフェラテ感覚で、また違った味が楽しめます。

お茶屋さんの絶品かき氷、堪能しました。



[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-21 23:06 | おやつ(かき氷・アイス) | Comments(2)

あぢとみ食堂 28

d0389166_21575282.jpg
ちょいと涼しくなってラーメンが食べたくなったので、川島町の「あぢとみ食堂」さんで遅い昼食。国道254号沿い、比企自転車道沿い、もちろん禁煙です。

この日は14時過ぎでも外待ちが発生する盛況ぶり。国道254号には多くのラーメン屋ができましたが、ここは安定した人気を誇っています。

d0389166_21580796.jpg
新メニューで「暴君タンメン」なるものが・・・ちょっとソソラレマしたが、何となく攻め過ぎの予感が(笑)。

お隣の常連さんが注文していましたが・・・ここまで目がシバシバしてくるくらい強烈です。案の定、かなり苦戦されていました。辛いもの好き、チャレンジャーの方は是非。

d0389166_21585468.jpg
ぱんだは「北海道バタータンメン」。太麺or細麺が選べるので細麺をチョイス。

たっぷりのバターのコクが野菜の旨味を存分に生かしたタンメンに合います。レンゲも箸も止まらない美味しさ。そして太麺も美味しいですが、あぢとみさんは細麺の方がより真価を発揮しますよ。一度お試しあれ。

d0389166_21592843.jpg
私は疲れていたので「スタミナタンメン」にしました。細麺をチョイスしましたが、こちらは太麺でも合うと思います。

ご覧の通り、フライドオニオンがザクザク、そして中にはニンニクがゴロゴロのガッツリメニュー。攻めてます。それでもちゃんと「タンメン」しているのはさすが。夜眠れなくなりそうなくらい美味しくスタミナつきました。


[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-20 21:59 | ラーメン | Comments(0)

d0389166_18420947.jpg
小川町の有機野菜食堂のパイオニア的存在「わらしべ食堂」さんが、歴史的建造物「玉成舎(ぎょくせいしゃ)」を修繕して移転、9月1日にプレオープンしたので、2日に訪問してきました。

今までの店舗から徒歩で南下して2〜3分、槻川に架かる馬橋(県道30号飯能寄居線)の近くです。

d0389166_18423244.jpg
8月中旬に様子を見に来ましたが、まだまだという状態で、本当に9月1日にオープンできるのかと周囲をハラハラさせましたが、何とか間に合いましたね、おめでとうございます。

1階が「わらしべ」さん、そして2階にはインドネシア雑貨で人気の「ぶんぶん堂」さんが入ってます。2階にはもう一店、入る予定になっています。

d0389166_18424902.jpg
行政、NPO、金融機関、そして多くの有志、わらしべさんのファンなどの力が集まり、廃屋同然だった養蚕の歴史的建造物が復活しました。

スロープは出来ていますが、サイクルラックはまだ設置されていません。私たちからは稲架(はさ:稲刈りして掛けて乾かしておくところ)のようなラックはどうですか、と提案してみましたが、実現するかは分かりません。

d0389166_18432192.jpg
さて、いよいよ中に入ります。ここで思わず靴を脱いでしまいそうですが・・・

d0389166_18433904.jpg
靴のまま、入れます。

d0389166_18441749.jpg
ちなみにグランドオープンは12月を予定しているとのことです。

営業時間は11時から20時30分、残念ながらモーニングは無くなってしまいましたが、通し営業になりました。

d0389166_18445611.jpg
店内の様子(撮影許可いただいてます)。広々として古民家というより歴史的な施設やお店といった趣き。落ち着いた渋い雰囲気。いいですねー。

d0389166_18451304.jpg
ここでカフェタイムにサイフォンで淹れたコーヒーをゆっくり飲むというのも素敵です。この他にもカウンター席があります。野菜や自家製パンの販売はこれまで通り。

d0389166_18453822.jpg
さて、この日のメニューです。訪問したのはカフェタイムです。プレオープンということで、まだHPのメニューとはかなり異なり、一期一会的な構成になってますので、そのお心づもりで。

d0389166_18462636.jpg
今回はカウンター席で遅い昼食をいただきました。パスタには自家製パンが付きます。

d0389166_18470098.jpg
ぱんだは「ニンニクベーコン玉子」パスタ。卵は小川産の自然卵です。ベーコンはアーチャン製。移転前と変わらぬ美味しさ。そして別注で有機オレンジジュース。

d0389166_18472585.jpg
私は「じゃがいもベーコン」パスタ。バター醤油風味です。別注で自家製赤しそジュース。ベーコンの脂と濃いめのバター醤油がパスタとじゃがいもにしっかり絡んで美味しいです。

これから色々出来上がって、どんどん魅力的なスペースになっていきそうです。その過程も含めて楽しみです。





d0389166_18495927.jpg
さて、以前のお店も駐車場は苦労しましたが・・・今度のお店も現在のところ、ちょっと分かりにくいです。

お店の横には3台分の駐車場スペースがありますが、ここが満車だった場合、ちょっと離れたところに4台分の駐車場があります。しかし、場所が正直かなり分かりにくいです。

ここでは離れの駐車場までの道順を2パターン、写真付きでご説明します。

最初にお店まで来たものの、駐車場が満車だった場合・・・

とりあえずそのままお店を過ぎて真っ直ぐ進みます。

d0389166_18501824.jpg
そして一つ目の車道のT字路を右折します。

d0389166_18504267.jpg
そのまま真っ直ぐ進みます。大型車ではちょっと厳しい道幅。

d0389166_18510416.jpg
そうするとまたT字路に出ます。ここは「たまりんど」さんの五軒長屋の裏です。

ここを右折します。

d0389166_18512402.jpg
20メートルくらい進んだところ、写真では白い軽トラが見えるところを右折します。ベージュの家の角に駐車場の案内が貼ってありますが、こちら側から来ると見えません。

d0389166_18514112.jpg
こんな感じです。

d0389166_18520376.jpg
すると奥に駐車場があります。ここはちょうどお店のある玉成舎の裏です。草が生えているところがわらしべさんの駐車スペースです。奥の砂利の駐車場は違いますのでご注意を。









d0389166_18523318.jpg
次に直接、離れの駐車場に向かう場合。

越生方面から県道30号を走って、ボウリング場を過ぎ、馬橋を渡って、市街地に入ります。橋から二つ目の横断歩道のある交差点「ミニサパー ルルー」という看板のある細い道を左折して入ります。

d0389166_18525864.jpg
ここも道幅が狭いのでご注意。「パブスナック萬来」さんの看板を過ぎると・・・

d0389166_18533006.jpg
すぐに「高瀬商店」さんがあります。この二俣を左に進みます。右に行くと旧あーちゃんさんです。

d0389166_18535146.jpg
ここは通っても大丈夫なのかと不安になる道です。

d0389166_18541480.jpg
しばらく行くと、白い軽トラのあるところを左折して奥に入ります。

d0389166_18543897.jpg
こちらからはこの貼り紙が目印になります。

d0389166_18545574.jpg
到着です。

正直、地元民でも迷いそうな場所にありますので、歩くことが大丈夫な方でしたら駅前のコインパーキングなどに置いた方が無難です。駅から10分弱、楽しく路地歩きもできるでしょう。



[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-19 21:36 | 和食・洋食・定食 | Comments(2)

業務連絡

d0389166_21181092.jpg
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

9月いっぱい&10月初旬は業務多忙により、更新が滞ることがしばしば発生するかも知れません。ご了承下さい。休日も不規則になります。

そして現在、PC環境の都合でメールソフトが閲覧も含め、使用出来ない状態になっています。合わせてよろしくお願いします。



[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-19 21:23 | 雑感・報告・その他 | Comments(0)

ただいま戦争中

現在、タバコの問題で隣人と戦争中。
こちらは1ミリも悪くないので、一歩も引くことはない。
管理会社に注意してもらっても効果無し。

タバコを吸うことを正当化する連中は、
自分を正当化することにも必死だ。
悪態や減らず口、言い訳や開き直りはいくらでも出てきやがる。
最後には逆ギレだ。

手を出されたら、何倍にもしてやり返すのみ。

よく「私は何十年も吸っているけど健康だ」だとか
いろいろその手のことを言ってるヤツがいますが、

別にテメエがどうなろうと正直構わない。

問題なのはタバコを吸うという、甘ったれな自慰行為のために、
周囲にどれだけ迷惑をかけているのか少しは考えろ、ということだ。

これだけタバコの悪影響が指摘され、社会問題化し、
それでも吸うのをやめられないのは、
病気であるのか、ただのバカか、もしくはその両方だ。

一度、強制的に病院に連れて行って診てもらった方がいい。


※この記事は読んで下さった方に対してあまり気持いい内容ではございませんので、数日後に削除いたします。

※「よく言った!」というお褒めの言葉をいくつも頂戴しましたので、この記事は残すことにしました。


[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-15 11:39 | 雑感・報告・その他 | Comments(0)

英芙蓉(はなふよう) 14

d0389166_00024085.jpg
富士登山の前に、ゲン担ぎに嵐山町の隠れ家的うどん屋「英芙蓉」さんで昼食。「芙蓉」は富士山の雅称でもあるのです。

場所は山の中の住宅街ですが、駐車場は多くて比較的置きやすいです。店内は靴を脱いで上がるので、ビンディングシューズでも気兼ねしません。もちろん禁煙です。讃岐の粉で打つ、喉ごしの良いうどんが特長です。

d0389166_00031026.jpg
入口前にはおすすめメニューのボード。おお、「アジのぶっかけうどん」なるものが。私はこれで決まりだな。

d0389166_00033279.jpg
終了間際でお客さんがいなかったので店内の様子。木を多用し、天井が高くて明るい、落ち着いた店内。

d0389166_00034610.jpg
この日はいつものルイボスティーと酵素ジュースではなく、冷やし玄米茶と自家製梅が出てきました。

d0389166_00041356.jpg
ぱんだはカレーうどん。おむすびorジェラートが付きます。おむすびをチョイス。この日は混ぜご飯おむすびでした。

夏野菜を中心に彩りが冴えます。海老ものってます。カレーは出汁が効いた、いかにもうどん屋さんのカレーうどんといった感じで美味しい。

d0389166_00043247.jpg
そしてカレーうどんはこの幅広の帯麺なのです。ぷるぷるむにゅむにゅで美味しいですよ。

d0389166_00054282.jpg
こちら「アジのぶっかけうどん」。きゅうり、トマト、白髪ネギ、大葉、そして炒めたナスがたっぷり入ってます。つゆは透明感あるあっさり系。

d0389166_00060215.jpg
そしてアジの身がゴロッと。これはサプライズ。魚がちゃんと食べられるうどんです。アジの風味と旨味が丼全体に行き渡ってます。うどんは英芙蓉さんスタンダードの、少しよじった喉ごしの良い麺。

魚系創作うどん、美味しくいただきました。

d0389166_00062606.jpg
食後にはコーヒーのサービス。カフェでゆっくり寛いでいるような心地よさ。

埼玉のうどん屋さんってコーヒーサービスや、本格コーヒーがメニューにあるお店が本当、多いですね。他県はどうなんでしょ。

[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-15 00:06 | うどん・そば・その他麺類 | Comments(2)

聖天様にて

d0389166_19323422.jpg
猫と戯れてきました。

d0389166_19325876.jpg

d0389166_19332183.jpg

d0389166_19334083.jpg

d0389166_19335751.jpg

d0389166_19342031.jpg

d0389166_19363312.jpg

d0389166_19355058.jpg

d0389166_19361080.jpg

d0389166_19365468.jpg

d0389166_19371174.jpg

d0389166_19372945.jpg

d0389166_19374676.jpg


d0389166_19382968.jpg

d0389166_19384842.jpg

d0389166_19393418.jpg

d0389166_19395398.jpg


d0389166_19403161.jpg

d0389166_19410840.jpg

d0389166_19412901.jpg

d0389166_19422604.jpg

d0389166_19425437.jpg

d0389166_19431970.jpg

d0389166_19434154.jpg

d0389166_19435522.jpg


[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-13 19:52 | いきものバンザイ! | Comments(2)

d0389166_21023966.jpg
仕事が忙しかったり、地震が起こったりで、記事を書くのが少々遅れております。

台風が連れて来た暑い空気の影響で厳しい残暑の中、小川町周辺をポタ、そして東松山の花火大会を観てきました。走行日は8月下旬です。

d0389166_21030768.jpg
下里観音下から仙元山を望むいつもの場所から。

d0389166_21032639.jpg
珍しく満車状態の「道の駅おがわまち」さんのサイクルラック。

きれいな青空ですが、強風で日差しが強烈。

d0389166_21040223.jpg
足下にはヤマカガシのおこちゃま。今年は本当にヘビが少ないです。

d0389166_21041921.jpg
キノコは多くなってきました。

d0389166_21043927.jpg
地面に落ちていたアシナガバチの巣。

d0389166_21050386.jpg
仙元山の見晴台。売店のかき氷目当てですが、営業していませんでした。うそでしょー、ここまで上ってきたのに。

悪天候の時は休みますって書いてある・・・う〜ん、晴れているけど暑過ぎて確かにだれもいない。商売としては休みで正解かな。

d0389166_21052052.jpg
ローラー滑り台の下には駐輪場。こんな急坂を上がって来る好き者がたくさんいるんですねー。

d0389166_21061059.jpg
とにかく暑い。こう暑いと昼食はカレー、焼肉、冷たい麺類がいいですね。

今回は以前から気になっていた、小川高校並びにあるカレー屋「Hot屋」さんにしました。自家製スパイスカレーと居心地の良さに大満足(記事はこちら)。

d0389166_21063694.jpg
柳町橋から見た下里堰。

d0389166_21065982.jpg
ここまで来たらかき氷、と思ってMomoさんを目指しますが・・・

d0389166_21072233.jpg
今回も臨時休業。幟旗やボードが賑やかなんですけどねー。オープンしていたらラッキーです。

d0389166_21075299.jpg
さて、そろそろ東松山の花火大会へ向かわなければ。

d0389166_21082148.jpg
もの凄い暑さですが、影の長さと濃さに秋を感じます。

d0389166_21084265.jpg
15時過ぎても37℃以上あります。

d0389166_21090156.jpg
東松山花火大会会場のリバーサイドパークに到着。

馬頭観音も兼ねた石橋供養塔。

d0389166_21091886.jpg
すでに多くの人が集まっています。ここは運営が素晴らしいです、熱意を感じます。駐輪場も完備はうれしい。高坂駅からも近いです。

露店もいっぱい出ています。ゴミを分別回収しているので安心してお店巡りできます。仮設トイレもたくさんあります。

そして会場も駅からの道にも係の人が立っていて整然としてます。会場での喫煙や歩き煙草の連中もほとんどいなくて、吸っているバカがいれば注意してくれるので気持ち良く花火見物できます。

ただ、天気が心配。一気に黒い雲がやってきて、風が吹き、雷が鳴っています。

d0389166_21095272.jpg
花火開始の頃は雷が凄くて「花火と雷のコラボ」なんて声も聞こえてきましたが、やがて雲は去り、風は止んで、絶好の花火日和になりました。今年で19回目です。

会場はあまり前の方に行き過ぎますと、以前より木が育ってますので、見えづらいです、ご注意を。

d0389166_21101007.jpg
東松山の花火大会は熊谷の半分くらいの規模です。熊谷には八木橋さんの花火やスターマインコンクールなどの名物がありますが、歴史が浅い東松山は名物がありません。でもテンポよく花火が上がっていくので、気持ちいいですね。手作り感もあります。

d0389166_21104608.jpg
観覧するにはレジャーシートを持って行った方がいいでしょう。有料観覧席などはありません。しかし、快適度はなかなかだと思います。


d0389166_21110072.jpg
花火大会は盛況の内に終了〜。年々良くなってますね。来年もまた来よう。

d0389166_21111868.jpg
露店はけっこう並んでいて盛況、今回買ったのは市内の「串さん亭」さんの「みそだれ焼そば」。これが美味しい。東松山らしく焼き豚(カシラ)入りです。



[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-12 23:10 | 自転車(ツーリング2018) | Comments(0)

無事、登頂

d0389166_22484371.jpg

風、強かったー。今までで一番きつかったです。

[PR]
# by cornersmile-kun3 | 2018-09-10 22:50 | のそのそと富士登山 | Comments(2)